卵殻膜とは?効果やアレルギーについて

卵殻膜(らんかくまく)って知っていますか?

 

ゆで卵を向いた時に出てくるあの薄い膜です。

 

卵殻膜には美白や代謝、エイジングケアの手助けをしてくれる「シスチン」が多く含まれる素材という事で注目されています。

 

割れている卵の殻

 

 

最近ではテレビや雑誌などのメディアに取り上げられていますので聞いた事のある方も多いと思います。
卵殻膜が配合された化粧品も注目を集めていて、実際に使った方からかなりの高評価を獲得してます。

 

ここではそんな卵殻膜の効果アレルギーについて調べていきたいと思います。

 

 

多くの卵アレルギーの方が反応すると言われる、卵白に含まれる成分は卵殻膜には含まれていません。
アレルギーが出る可能性は極めて低いと言われていますが万が一という事もありますので、なるべく全額返金保証が付いている物を選ぶようにしてください。

 

 

卵殻膜の効果とは?

 

卵殻膜には線維芽細胞を増やしてくれる働きがあります。

 

線維芽細胞が増えると肌がみずみずしくなり、V型コラーゲンが作られやすくなります。

 

粉状のコラーゲン

 

 

効果としては具体的にはこんな感じ

 

  • シミやしわ
  • 紫外線による肌の老化
  • 保湿
  • 美白
  • たるみ
  • エイジングケア
  • ニキビケア
  • ターンオーバー
  • くすみ
  • 透明感
  • 小顔
  • ヒアルロン酸の生成
  • エラスチンの生成

などお肌に悩みを抱える方にはありがたい効果が期待できます。
凄くないですか?

 

 

V型コラーゲンが正常な状態で豊富に含まれている肌は再生能力が高く、シミやしわが目立たなくなっていきます。

 

卵殻膜によって増加したV型コラーゲンはみずみずしい柔らかい肌をキープしてくれるので乾燥にも負けない強い肌に導いてくれます。

 

 

線維芽細胞

 

肌のアップ

 

卵殻膜は線維芽細胞を10日間で10倍以上に増殖させるというデータもあります。

 

線維芽細胞が増えると言う事はコラーゲンが作られやすくなるという事になります。
自分の肌の力でコラーゲンを生み出せるというのはとても嬉しい事ですね。

 

 

シスチン

 

卵の黄身と白身

 

卵殻膜の特徴の一つに美白をサポートするシスチンが多く含まれているという事が挙げられます。

 

その量は大豆の20倍、人の肌に含まれるシスチンの5倍以上もの量が含まれているといいます。

 

その効果として

  • 美白
  • 代謝の活性化をサポート
  • エイジングケア

などが期待できます。

 

 

卵殻膜でアレルギーは出る?

 

肌を気にする女性

 

卵殻膜を使う場合あくまでも化粧品やシャンプーなので大きな肌トラブルというのはまれだと思います。
ただしアトピーや敏感肌、卵アレルギーを持つ方は注意が必要です。

 

気になる方はパッチテストをして見ることをお勧めします。

 

多くの卵アレルギーの方が反応すると言われる、卵白に含まれる成分は卵殻膜には含まれていません。
アレルギーが出る可能性は極めて低いと言われていますが万が一という事もありますので、全額返金保証などが付いている物で試してみるのもいいかもしれません。

 

ページの先頭へ戻る